シミウスは肝斑に効くって本当?

シミウスは数多くのオールインワンジェルの中でも現在一番注目されていることは間違いありません。

 

 

そん中、シミウス肝斑に効くの?ということがネット上で話題となっているみたいですね。

 

ネットの情報は、「効果があったよ」という意見があるかと思えば逆に「効かない・効果なし」といったような口コミまで出てくる始末。

 

これでは一体どっちが正しいのか分からないので事の真相について調べてみることにしました。

 

ここでは、シミウスの肝斑への効果について記載している記事内容となっております。

 

 

シミウスは肝斑には効果なし

シミウスはしみやそばかすなどの色素沈着には効果が期待できますがそれと比べると肝斑への効果はあまり期待できないと思います。

 

 

そもそもシミと肝斑では発生する原因の根本が全く異なるからです。

 

肝斑はホルモンバランスの変化などで生じると言われており、紫外線や加齢によって起こるシミとは区別されています。

そして肝斑はフェイスマッサージなどの摩擦で刺激してしまうと悪化する恐れがあるのでマッサージは行えません。

シミウスの使い方はフェイスマッサージまでが基本なので、それを考えるとやっぱりシミウスが肝斑への対策に向いているとは言えませんね。

 

全く効果がないとは言いづらいのも現状

肝斑に対してはシミウスは全く効果なしなの?と言われるとそうとまでははっきり断言できないから困ってしまうんですよね。

 

シミウスの効能には

 

  • 肌荒れ
  • しみ・そばかすを防ぐ
  • 皮膚をすこやかに保つ
  • 肌に潤いを与える

 

と記載されており、肝斑についての記載は一切ありません。

 

ですが、これは以前にシミウスの公式サイトで紹介されていた口コミなのですが、「肝斑が目立たなくなった」と公式サイトで堂々と紹介されていたのでした。

 

 

これを見ると「肝斑にも効果があるのでは?」と期待してしまいますよね。

 

一体どっちが本当なの?とこのままはっきりしないと私の気が済まなくなってしまったので公式サイトに直接尋ねてみることにしました。

 

 

私:シミウスは肝斑にも効果はありますか?


 

 

オペレーター:肝斑へのご質問は多く頂いているのですが、シミとは発生原因が違う為、根本的な改善は難しいかと思います。

 

ですが悪化予防や肌のキメを整えることで化粧のノリも良くなり結果として目立たなくなるといったことはあるのでそういう使用方法をされているお客様もいらっしゃいます。


 

とのご回答を直接頂くことができました。

 

シミウスを愛用することでお肌の調子が良くなって、二次的な効果として肝斑が目立たなくなるといった事はあっても、根本的な改善は期待できないということでした。

 

公式サイトの見解ではっきりしましたね。

 

肝斑とシミの見分け方とは?

自分に急に肝斑が出来てしまってもシミとの区別ってどうしたら分かるの?なんて思いますよね。

 

そもそも肝斑とシミとの違いを知っている方も少ないと思いますので、主な違いと見分け方についても簡単に触れていこうかと思います。

 

シミは紫外線や摩擦・加齢による肌の衰えが原因です。

 

肝斑の原因は妊娠中やストレス、ピルなどの医薬品の服用によりホルモンバランスが乱れることによって発生するとされています。

 

シミとの大きな違いは「左右対称」に症状が表れるという特徴があることです。

 

シミがいきなり左右対称に出るということはあまりないので、そういった症状が出た時には肝斑の疑いがあります。

 

肝斑は病院での治療が基本

お肌に肝斑の疑いがある場合にはシミウスなどの医薬部外品や化粧品ではなく、ひどくなる前に皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

肝斑は病気として認められており、保険適用での治療も可能となっていますので高額な費用を請求されることもありません。

 

主な治療法は内服によるものだそうなので体への負担もそれほど大きくはないみたいです。

 

一時的にシミウスを使用してこれ以上悪化しないようにケアするのも一つの方法ですが、残念ながら根本的な改善は見込めないのが現状なので専門医を受診するのが一番ですね。

 

しかも保険適用内での治療なので心配ないですよね。

 

 

シミウスの関連記事一覧

 

シミウスの口コミが怪しいので40代が効果なしの真実を暴いた!